花びより金剛寺 2018年レポート

一斉に咲いた花々に、春の喜びがあふれた1日。

「花びより金剛寺2018」は、4月8日(日)に無事終了いたしました。

当日は、風に冷たさが感じられるものの春らしいおだやかな日差しに恵まれ、金剛寺は多くの方々でにぎわいました。ご来場いただいた皆様には、心より御礼申し上げます。

例年になく桜の開花が早かった今年、ソメイヨシノはほとんど葉桜になってしまいましたが、遅咲きの八重桜が満開。チューリップ、桃、ツツジなどの花々も咲き競い、「花びより」らしい1日となりました。

ちょうどお釈迦様の誕生日・4月8日の開催となった今回の「花まつり行事」。参加した子どもたちは、花まつり行列や仏生会、甘茶かけなどの体験を通して、お釈迦様をより身近に感じることができたのではないでしょうか。

メイン会場「風花の広場」では、多彩な出演者が競演する「花びよりステージ」が今年も大人気。花をモチーフにした壁面やオブジェなど、インスタ映えするコーナーも好評でした。また「うまいもん広場」は、おいしいものを楽しみながらゆったりとくつろぐ方々で終始にぎわっていました。

多くの皆様とともに楽しく過ごした今年の「花びより金剛寺」。来年も皆様の笑顔に出会えることを願い、これからも精進を重ねてまいります。

念法眞教