ここにカテゴリの説明が出ます

ほっとエッセイ

厄年は役年

厄年は役年

「今年、厄年なんだよねー」 
「私、今年が大厄だから、気をつけなきゃ」
新年になると、こんな会話をよく耳にします。
世間では、厄年だからといって、その年は病気になったり、災難に遭ったりするというので、いろいろ心配する人がいます。
でも、この厄年を「役年」(役に立つ年)と受け取ることで、生き方が大きく変わってきます。
一般的に厄年の大厄は、男42歳、女33歳といわれ、男女ともに働きざかりの年齢です。
これまでは、自己の完成に向けて心を使ってきたものを、
これからは、周りの人たちや世の中の幸せのためにしっかりお役に立っていこう――そういう心をつくる年齢なのです。
それに向かって邁進(まんしん)していくとき、不幸や災難は向こうから逃げてしまいます。


「厄年だから、いつ病気になるかわからない、いつ災難がやってくるかわからない」と、絶えずビクビクしている人は、心が不安定になり、ほんとうに病気になったり、物事がうまくいかなかったりするものです。

厄年を「役年」と上手に受け取り、周りを幸せにするためのお役に立つ年として、自らの心を磨き、厄を追い払いましょう。


生きる ほっとエッセイ